同窓会報の名称についての確認

同窓会の皆様、お元気でしょうか?新年度も始まり、お忙しいことと思います。 皆さんは、今年度(2019年度)の総会(日程は後日、HP及び会報にてお知らせします。)にて「同窓会報の名称」が議決されることをご存知でしょうか? ちなみに現在の会報名は「阪南高校同窓会会報」です。今年の会報はこの名前ですが、来年度(2020年)発行のものについては決議されたものになる予定です。 内容は以下の2018年度の総会議事録資料の一部にまとめています。 資料のダウンロードはこちら 平成30年度(2018年度)総会議事録のページはこちら 以上の資料より、2019年度の総会では「桜庭会」「緑桜会」のいずれにするかを審議にかける予定です。資料には公募期間は2018年の12月末としていましたが、もしも、他に案がある場合やご意見がございましたらコメントにてお寄せください。コメント欄にて共有され、推薦が多いものは候補に挙げようと考えています。また、現状候補の2つについての印象などもあればお寄せください。 2019年の4月後半、会報の発行前の26日あたりまで受け付ける予定です。 よろしくお願いします。
More

事務局員の日記(仮) vol.13

同窓会の皆様、お元気ですか。 4月も間近になり、春らしい日が続いていますね。ここ数日の陽気で桜も開き始めています。 さて、本日が2018年度の最終開局日でした。皆様からの年会費の入金確認や決算の集計を終え、安心して新年度を迎えられそうです。2019年度の初めの開局日は通常通り4月2日火曜日です。次回の開局日には新元号も発表されていますね。 幸い、同窓会事務局の体制は来年度も大きくは変わらないので来年度も同窓会の運営やHPの更新に勤しみます。 2018年度はありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。 同窓会事務事務局一同
More

事務局員の日記(仮) vol.12

58期生を送り出しほっと一息。今日はスタッフ一同お弁当でも買って長居公園にお花見に行こうか、などと相談していたところあまりの寒さに身もすくみ、結局事務局でごそごそ通常業務です。年度末決算の集計や5月発行の会報誌作りに奔走しています。 11期の卒業記念 藤棚12期の卒業記念 学園の森の時計校内の桜 校内の桜はまだまだ蕾もかたく入学式あたりまで開花はおあずけでしょうか。校内散策の折、面白いものを見つけましたした。いままで気づかなかったのでが、各期卒業記念品とそのプレートがあちらこちらにあるのです。また新しい発見です。暖かくなったら全期のプレート探しをしてみようかな。楽しみが増えました。記念品等について学生時代に気づいていたものがあれば、コメントなどで教えてください。 (8期:S)
More

61期生 合格おめでとう!

3月22日(金)、今年は寒い日が続き、桜の花はまだ少しピンクかがった程度です。19日に合格発表があり、今日は教科書等の物品販売日でした。校内では入学準備のために多くの荷物を受け取る中学校の制服姿が見受けられました。 今年の入試は去年と同じく競争率が高く、試験も難しかったそうです。激戦を勝ち抜いてきた新入生の皆さんの阪南で過ごす3年間が充実したものになりますよう応援しています。
More

阪南高等学校の思い出 2

月一更新ぐらいの「阪南高等学校の思い出」今回は第2回目です。今回は校舎の構造計画についての部分です。やや特徴的でよく「団地みたい」な校舎と言われる阪南高校の校舎ですが、今回の部分でなぜこんな形になっているのかについてその意図が何となく理解できるかと思います。ではご覧ください。 当時の思い出等、思い出すものがあればぜひコメントなどで教えてください。
More

阪南高校昔地図

阪南高校創設時(1965年)の、苅田地区の市街地図がありました。皆様は昔の高校周辺の風景を覚えていますか?今の景色との違いは? 田んぼばかりで人気がない、鉄道が走ってる、ひょっとしたら、我孫子駅から高校が望めた? PC画面上にgoogle map等を開いて現在の地図と比較すると、時代の流れを感じるとともに、懐かしい記憶がよみがえってくることと思います。 記憶はセピア色にはなっていますが、一緒に空想の世界に戻ってみませんか? 古いものであまりきれいな地図ではありませんが、思い出の一つとして、ぜひご覧ください。 1965年の地図
More

58期生の皆様ご卒業おめでとうございます。

2月27日(水)、2018年度卒業式が挙行され、58期生が母校を巣立っていきました。 式の前日の26日には同窓会入会式を行い、卒業証書フォルダを寄贈しました。 ファルダの色は学年色に合わせたもので今年は緑色でした。   58期同窓会クラス幹事をご紹介します。幹事の皆さんには情報の拡散や、期生会の とりまとめなど本部と連携していただければと考えております。 SNSの浸透もあり卒業生間の連絡方法なども変わりますが、そういった変化にも柔軟に対応できる事務局になるよう尽力しますので、どうぞよろしくお願いします。
More

大阪府立阪南高等学校の思い出 1

大阪府立阪南高等学校の思い出   初代校長の吉原保先生(故人)が勲四等旭日小綬章を受賞された際、記念誌として「自伝 教育への道」が昭和53年2月に出版されました。 その中に、阪南高校を創建された時の思い出(理念、教育への思い)が記載されています。 われら、卒業生にとって、興味深く、また懐かしいものです。 この機会に、同窓生の皆さんに見ていただきたく、同窓会HPにアップしました。 なお、自伝の中よりの抜粋であり、先生の思いをすべて網羅したものではありませんが、そのエッセンスを感じ取っていただければと思います。 今回はその第一弾として、先生の来歴、および校舎について、掲載します。 数回に分けての掲載になりますが、全ての掲載が終われば、一冊の資料としてまとめる計画です。 如何でしょうか? このような形で当時の様子や持っておられた理念などが綴られています。 月に1度の頻度でUPしていきますので、また皆様の感想などあればコメントなど残してください。  
More

事務局員の日記(仮)vol.11

「ロードレース大会」 同窓会の皆様、お元気ですか。 恵方巻は食べましたか。皆様にとってよい一年になることを願っています。 さて、今日はロードレース大会でした。 1、2年生が大泉緑地を、男子9km、女子は6km走ります。 皆様のときはこのような行事はありましたか。 私はロードレース大会よりも、ロードレース大会に向けて行う体育の持久走のほうが大変だったことを覚えています。 ロードレース大会では自分のペースで走り切ることができますが、体育では時間や距離などをノルマとして課されていた分、体力のない私にとっては厳しいものでした。 なにか印象に残っている行事などあれば、ぜひ教えてください。 (54期:I)
More

事務局員の日記(仮)vol.10

同窓会の皆様、お元気ですか。 寒い日が続いていますが、お変わりありませんか? いただいたコメントには、全て目を通しております。 返信できないときもありますが、ご了承ください。   さて、現在阪南高校には台湾からの留学生が来ています。 その内のとても勉強熱心な学生の一人に、 同窓会事務局員が日本語を教えることになりました。 台湾と日本はどちらも漢字圏ですが、使用している漢字の種類が違います。 (台湾は繁体字で、日本の旧字体のようなものを使用しています。) もちろん、漢字の読み方も台湾と日本では違います。 そして何より、日本にはひらがなとカタカナがあり、多くの外国人が 特にカタカナに苦戦されます。 我々は平仮名・カタカナ・漢字を当たり前のように使っていますが、 改めて考えると、日本人てすごいことをしているんですね。 最近ではネットで外国語を勉強する動画も見られますが、 せっかく日本に留学に来たこの良い機会に、日本語のみならず、 動画だけでは知ることのできない多くの日本の文化を学び、体験してほしいですね。  ...
More