同窓生のホームステイ受入れ体験記が届きました。

23期生の桂さんからホームステイ受け入れの体験記が届きました。 現在、TIATのホームステイ先を阪南高校が募集していますが、興味がある方は参考にしていただけると思います。 23期の私と58期の息子のホームステイ初体験 桂 (23期) 阪南高校とニュージーランドタワカレッジの国際交流。PTAの会議の中でホームステイの話を聞き、私は楽しそうだなと感じていました。妻にこの話をすると“いいよ”と快諾。実際に、食事や洗濯など生活全般の面倒を見ることになる妻がどうかなぁと思っておりましたが、やってみようということになり、ホームステイの受け入れとなりました。しかし外国の人がうちに泊まるのは初めての事、まして9日間の長期で。さてさてどうなりますやら・・・。 いよいよ4/19、Rhys(リース)君がやって来ました。(デカい。)長身の好青年です。迎えに出ると、日本語で挨拶してきてくれました(日本語話せるやん。ほっ。)。聞けば、タワカレッジでは3年間日本語必修だそうで、漢字はあかんけど少し話せるそうです。でも本当に少しなんで、そこからは学生時代の英語の知識(もともとの容...
More

原田 隆史(18期生)

日本一、世界一を作る教育に情熱を注ぐ みなさんこんにちは。私は18期生の原田隆史です。 卒業後、奈良教育大学に進学し、20年間大阪の公立中学校に保健体育の教諭として勤務しました。その間に陸上競技部を指導し、全国大会で個人優勝13回を達成すると共に、問題を抱えた学校を立て直すことが出来ました。現在は、家庭、学校、国内外の企業、プロのスポーツ選手等を教育する会社や一般社団法人を経営しています。 (さらに…)
More

岩橋 昭(旧職)

学校協議会に出席して 私は阪南高校創立から3年目の春(1961年)に初任者(国語)として赴任し、21年間阪南で勤めた。その後あちらこちらを回り、定年後は関西外大で15年間教鞭を取った。 77歳になった今年、阪南の校長先生から学校協議会の委員になって欲しいという電話を頂戴した。実は過去にも複数の学校の協議会委員を引き受けたことがあったが、すべてやめている。しかし我が愛する阪南からの依頼とあれば断るわけにいかない。有り難くお受けすることにした。 (さらに…)
More